就業規則・社内規定翻訳

Working Regulation Translation

外国人材の受け入れも安心

外国人社員を採用したけど就業規則・社内規定が日本語しかない、現地法人の社員向けに社内規定を整えたいなどのニーズにお応えします。
グローバル化や少子高齢化が進むにつれて今後外国人社員の採用はますます増えることが予想されます。外国人の採用は多様性をもたらすなど多くのメリットがある一方で、文化や習慣の違いから労働トラブルが発生するリスクもあります。そのようなトラブルを防ぐために就業規則が鍵となりますが、従業員に周知されていない就業規則は法的な効力を持ちません。つまり、せっかく就業規則を整備していても、社員が内容を理解できない就業規則では周知義務を十分果たしたとは言えない場合があります。
一般に就業規則や社内規定は難解な文章で書かれてあることが多く、外国人社員が内容を理解するには相当の日本語力が必要になると思われます。外国人社員にも正しく労働ルールを理解してもらうように翻訳して、すべての社員が働きやすい環境を整備することをおすすめします。

さまざまな言語に対応

外国人社員のなかには英語が理解できない人もいます。
AIBSでは英語のみでなく、中国語、韓国語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、スペイン語、ポルトガル語など、外国人社員が多い言語に対応しています。

人事・総務関連で翻訳が必要な主な文書

  • 就業規則
  • 賃金規定
  • 出張規定
  • 労使協定書
  • 人事評価表
  • 各種申請書類

その他業務遂行に必要な文書

  • 社員教育資料
  • eラーニングテキスト
  • 品質マニュアル
  • 作業手順書