ソフトウェアローカライズ

Software Localization

ソフトウェアやアプリなどのローカライズをトータルサポートします

ソフトウェアのUIテキスト(メニュー名やエラーメッセージ)などを現地語化(ローカライズ)いたします。
ローカライズの品質は、そのソフトウェアがターゲット市場で成功するかどうかに大きく影響することから、専任のプロジェクトチームを結成し、製品を十分に理解したうえで、高品質なローカリゼーションを実現します。

お客様の負担を軽減

UIテキストはExcelの対訳表形式で翻訳するのが一般的ですが、お客様側でUIテキストを抽出したり、戻ってきた翻訳が枠に収まらない場合に縮めたりする必要があります。また文脈がわからない対訳表形式では誤訳も多くなり、訳文の修正が頻発します。
AIBSではリソースファイルやソースコードをご提供いただけば、UIテキストを外国語に変えた状態で納品いたします。またそのUIテキストを用語集化してマニュアルやヘルプを翻訳し、UIとマニュアルの訳語を統一します。さらにご希望に応じて実機確認やマニュアル用の画面キャプチャリングにも対応し、ローカライズにかかるお客様のご負担を軽減いたします。

サービス内容

  • UIテキストの翻訳
  • HTMLヘルプの翻訳およびコンパイル
  • 実機確認
  • 画面キャプチャリング(マニュアル用)
  • マニュアルの翻訳および編集

ローカライズ可能なソフトウェア

  • Windows/Macソフトウェア
  • iOS/Androidアプリ
  • Webアプリケーション
  • 組み込みシステム

ソフトウェアローカライズの標準ワークフロー

お客様
AIBS
  • STEP

    01

    お引き合い

  • STEP

    02

    ご要望・作業条件等ヒアリング

  • STEP

    03

    UIテキストを含むリソースファイルや
    ソースコードなどを提供

    ※Excel対訳表でも対応可

  • STEP

    04

    プロジェクトチーム編成・
    スケジューリング

  • STEP

    05

    UIテキスト抽出・
    スタイルガイド作成・用語集準備

  • STEP

    06

    翻訳

  • STEP

    07

    チェック

  • STEP

    08

    コンパイル

    ご提供いただいたものと
    同じ形式で納品

  • STEP

    09

    実機テストおよび修正

    テキスト枠内に
    収まっているか
    文脈に合っているか

  • STEP

    10

    コンパイルおよび確認

  • STEP

    11

    マニュアル/ヘルプの翻訳

    ※マニュアルで使用する画面キャプチャリングも可能です