スタッフブログ

2017年07月05日(水)

雨が降りよる?降っとる?

こんにちは。新入社員のK.Mです。

今日の広島は雨です。強く降る時間帯もあったので、びしょ濡れになって出勤した方も多かったのではないでしょうか。

ところで、「雨が降っている」と言うとき、皆さんはどのように表現しますか?

標準語だと「フッテイル(フッテル)」ですが、広島を含む西日本では「フリヨル」「フットル」という二つの形を使い分ける方言が多いようです。

では、「ヨル」と「トル」にはどのような違いがあるのでしょうか。

私の感覚では、「雨がフリヨル」と聞くと、「今雨が降っている」という状況、「雨がフットル」と聞くと、「今雨が降っている」と「さっきまで雨が降っていて、今は地面が濡れている」の2つの状況を思い浮かべます。

http://www2.nkansai.ne.jp/users/ytaniguchi/aspect.htm によると、「ヨル」は〈動作の開始・途中・進行〉、「トル」は〈動作の進行・完了・結果〉を表すそうです。なるほど、だから雨がフットル」には「さっきまで雨が降っていた(が、今は雨が降っていない)」という状況も含まれるのですね。

ヨル」や「トル」のことを、言語学の用語で「アスペクト」といいます。

http://www.tomojuku.com/blog/aspect/ によると、アスペクトとは「時間の流れに焦点をあてる」文法形式です。標準語や東日本方言のように「ヨル」と「トル」の区別がない方言もありますし、使う方言によって時間の流れの感覚や概念が違うのかもしれないと考えると、なんだか不思議な気分になります。

フリヨル」「フットル」以外でも、私のような広島弁ネイティブは、日常的に「ヨル」と「トル」を使い分けます。たとえば食事中、皿のソースが袖につきそうなとき、「つきよるで(つきそうになっているよ)」と言います。ここで「ついとるで」と言うと、「もうついてしまっている」ということになります。

http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170705094551.pdf?id=ART0008537767 を見ると、日本各地にさまざまなアスペクト形式があることがわかります。ここで紹介した広島弁の「ヨル」「トル」と、ご自身の方言のアスペクト形式の共通点や相違点を考えてみるのもおもしろそうですね。

 

引用・参考URL一覧

http://www.tomojuku.com/blog/aspect/…アスペクトについて解説されています。

http://www2.nkansai.ne.jp/users/ytaniguchi/aspect.htm…広島弁についてのサイトではないですが、 「ヨル」と「トル」の意味が解説されています。

http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170705094551.pdf?id=ART0008537767…日本各地で「~テイル」形をどのように表現するのか調査された論文です。方言地図も載っています。


カテゴリー:We LOVE Hiroshima

2017年06月28日(水)

世界最古の歌

みなさん、歌は好きですか?

 

わたしは歌が大好きです。オペラ、ミュージカル、合唱、ポップス、ロック、バラード、ジャズ、アニソンなどなど、ひとくちに歌といっても本当にたくさんのジャンルがあります。老若男女、あらゆる世代のあらゆる人々が楽しめる音楽。それが歌です。

 

現存する世界最古の歌は、古代ギリシアのセイキロスの墓碑銘に刻まれています。現在のトルコの都市アイドゥン近郊で発掘されたこの墓標は紀元前2世紀から紀元後1世紀(2200年~1900年前)のものと考えられています。古代ギリシアの楽曲はこの他にもっと古いものがありますが、完全な形で残っているのはこの楽曲だそうです。現代のような五線譜ではなく、歌詞の上に旋律を意味する記号が記されているのだそうです。現代ギリシア語フォントで墓碑銘が再現されている画像がありました。わたしは全く読めませんが、参考までに記載します。

 

Seikilos.svg.png

(Wikipediaより)

Wikipediaに歌詞の訳もありました。

 

生きている間は輝いていてください

思い悩んだりは決してしないでください

人生はほんの束の間ですから

そして時間は奪っていくものですから

 

ふむふむ。古代ギリシア人はそんなことを考えていたのか。現代にも通じる素敵な詩ですが、何かもうちょっといい訳がありそうな気がしたので探してみました。

この本に素晴らしい訳が紹介されていました。詩の翻訳って奥が深いなあ...

http://shop.zen-on.co.jp/p/870010

 

さて、この旋律を現在の楽譜に書き起こすと、以下のようになるのだとか。

Seikilos_score.png

(Wikipediaより)

この楽譜では、ニ長調(D-major)で書かれています。曲が作られたのは○○長調や××短調などの概念ができる前ですから、上の楽譜は現代風に少し手を加えられたものだと思います。YouTubeの音源では全音階で演奏されているものもあり、それらの多くは上の楽譜にあるようにラから始まるのではなく、ソから始まります。竪琴の伴奏がついているものもあり、現代の音楽に負けず劣らず、情緒豊かでエキゾチックな響きがあります。

せっかくなのでYouTubeの音源も置いておきますね。古代ギリシアに思いを馳せながら聴いてみてください。

https://youtu.be/xERitvFYpAk

 

参考

https://ja.wikipedia.org/wiki/セイキロスの墓碑銘

新入社員S.T.


カテゴリー:日々のつれづれ

2017年06月19日(月)

オフィスの公用語

こんにちは。新入社員のK.Mです。

近年、テレビなどの影響で、その土地に住んでいなくても、各地の方言はどんなものなのかなんとな~くわかるようになってきました。広島県外の人が思う広島弁といえば「~じゃけえ」とイメージがついているように思います。ですが、広島弁は「~じゃけえ」だけではありません。テレビなどであまり取り上げられていなくて、広島県外出身の人が知らない方言もまだまだあります。

アビリティの新入社員は約1か月間、他のグループ会社の同期と合同で研修を受けます。もちろんその中には、県外出身者もたくさんいます。(今年は特に多かったようです。)

一方、講師役をしてくださる各社の諸先輩方は、「広島の標準語」(=広島弁)しかしゃべれない方が圧倒的に多いです。私は広島県民なので一言一句理解していましたが、県外出身者は方言が理解できなくてぽかんとした様子でした。後で私が意味を解説すると、驚かれることも多かったです。

そこでこの記事では、オフィスで使われている広島弁の中でも、初めて意味を知った県外出身者が驚いていたものを厳選してご紹介します。

 

①「さし」

「さし」はものさし・定規のことです。合同研修での製図実習のとき「さし、持ってない人は取りに来て」と言われました。県外出身の同期たちは「何だかわからずに取りに行ってみたら定規のことだった」と言っていました。西日本出身者の中には「自分では言わないが、聞いたことはある」という人もいました。

 

②「はあ」

「はあ」は「もう」「すでに」という意味の副詞です。下記の例文のように使われます。

例3:「はあ夜じゃ」(もう夜だ)

例4:「はあ食うてしもうた」(もう食べてしまった)

私は、意味は分かりますが使ったことはありません。特に広島弁が強い人が使うイメージがあります。「はあ」について解説すると、県外出身者は「大きなため息かと思っていた」「あきれられているのかと思っていた」という人が多かったです。広島弁は語気が強いのでそう聞こえていたのかもしれませんね。

 

③方言敬語

オフィスには敬語が必須です。方言敬語と言えば、関西弁の「~しはる」などが有名ですが、広島も方言敬語が発達した地域です。広島弁の方言敬語には、主に「~しちゃった」「~してじゃ」という形があります。

例1:「○○さんが来ちゃった」(○○さんが来られました)

例2:「この本は○○さんが読んでじゃ」(この本は○○さんがお読みになります)

「~しちゃった」については、県外出身者は「~してしまった」という意味だと勘違いすることが多いようですが、これはれっきとした敬語です。

ちなみに、私は学生時代、お隣の岡山県に住んでいましたが、方言敬語を使ってもまったく通じなかったので、使うのをやめていました。広島に来た今では、敬意をたっぷり込めた方言で思う存分話すことができるのですが、一度使わないように癖をつけた言葉なのでなかなか取り戻せずにいます。標準語の敬語よりもやわらかく感じるので、個人的には好きな表現です。

下記の論文(黒崎2005)によると、「~しちゃった」「~してじゃ」という形は広島独特のものではなく、西日本に広く分布しているようです(が、私の経験では広島県民以外に通じたためしがありません)。短くてさらっと読める論文なので、興味のある方はのぞいてみてください。

http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170620144951.pdf?id=ART0006299491

 

さて、いかがでしたか?県外出身者がいると、気を遣って標準語でしゃべろうとする人が多いですが、それでも出てくる広島弁。意味を知らずにいると誤解を招くこともあるので、県外出身者にも広島弁を知ってもらいたいなと思っています。下記のリンクは「広島弁辞典」というサイトです。掲載語彙がとにかく豊富なので、広島弁に興味のある方は必見です。

http://ww41.tiki.ne.jp/~naosaku/hiro/a.html

研修が終わってアビリティに配属されてからも、当然ながらオフィスでは広島弁が飛び交っています。(先輩方の話によると、他県の支社でも広島弁が横行しているのだとか…笑)もう一人の新入社員(埼玉県出身)は、引っ越してきてから広島弁が少しずつうつってきています。アビリティの公用語は日本語のはずですが、真の公用語は広島弁なのでは?と私は思っています。


カテゴリー:We LOVE Hiroshima

2017年06月15日(木)

パンダフルなお知らせ!(Oh pandaful!)

昨日6月12日、上野動物園のリーリー(力力)とシンシン(真真)に待望の赤ちゃんが誕生したという嬉しいニュースが舞い込んできましたね。実際には、生まれてきてからの方が、押しつぶされないかとか、ほんとうに心配になりますけど。
 
そこで、パンダについて、改めて調べてみると、パンダについてのうんちくが沢山あることに気付きました。すでに知っているよ、という方もいらっしゃるとは思いますが、気になったことを挙げてみましたので、少しおつきあいください。
※はあくまで個人的なツッコミです。
 
  • パンダは、もとはといえば、現在のレッサーパンダのことで、1869年(明治2年)にジャイアントパンダが発見されてからは、レッサーパンダのほうが小さいのでlesser がつけられて区別され、パンダといえば、ジャイアントパンダのことを指すようになった。
    ※ これは英語的な発想で、日本語的な発想では、レッサーパンダのことは、「元祖パンダ」と呼ぶべきではないか。
 
  • ジャイアントパンダの赤ちゃんは体長15㎝、レッサーパンダの赤ちゃんの体長も15㎝。
    ※ この時点だけは、どちらもパンダと呼んでも支障がないじゃないか。
 
  • パンダはレンタル、つがいのレンタル料の平均は1億円/年間。日本には現在9頭(今回誕生を含む)。
    ※ 2017年カープ推定年棒(1億円以上の選手)ジョンソン3.2億、菊池涼介1.45億、丸佳浩1.4億、石原慶幸1.2億、新井貴浩1.1億、エルドレッド1.1億、野村祐輔1.0億、合計額10.45億。わかりやすくなるかと思いカープの選手で例えてみましたが、あまりの低さに逆に落ち込む。
 
  • パンダの寿命は野生が20年、飼育環境では25年~30年。2016年10月16日香港海洋公園で安楽死したジアジア(佳佳)は38歳で人間114歳に相当する(当時世界最高齢)。体調が2週間前から急激に悪化し、エサも食べなくなり、歩けなくなり、1日中寝転んでいたからら判断した。
    ※ 動物は自ら痛いとか、しんどいとか言えないので、人間が推し量るしかないんですよね、ツライです、パンダが好きだから。
 
  • パンダの名前については、ランラン(蘭蘭)、カンカン(康康)のように同じ言葉を繰返すのが一般的で、これは、中国では同じ言葉を繰返すと、日本語の「~ちゃん」というかわいい印象になるからだ。
    ※ ちなみに、テレビの番組のなかで俳優の中尾彬さんは、どのような名前をつけますかという質問に、迷わず「しのしの」と答えたそうです。どんだけ奥さんのことを愛してるんやと思いましたが、期待どおりの回答で安心しました。
 
いまだに赤ちゃんの性別もわかってないですが、今回も名前が一般公募でつけられるみたいです。
パンダの赤ちゃんは、生後90日が命が助かるかの大事な時期だそうで、名前の一般公募は、その後8月から9月ごろ、東京ズーネットから案内があるようです。
 
前回2012年は6日で急死という悲しい結果になりましたが、飼育員さん、小さな命をしっかり見守ってあげてください。
 
今回参考にしたサイト
<ジャイアントパンダ>
<レッサーパンダ>
<パンダの寿命>
 
まだ一度も生でパンダをみたことがないT.K.

カテゴリー:日々のつれづれ

2017年06月13日(火)

暗い音色?

こんにちは!

新入社員のS.Tです!

 

みなさんの趣味はなんですか?

わたしは音楽が好きで、フルートをやっています。中高と吹奏楽部でした。

 

練習するとき、わたしはいつも同じ教則本に基づいて練習します。最近使っているのは日本フルートクラブ出版のアルテストレバー・ワイです。

フルートの有名な教則本シリーズなので、フルート経験者なら知っている人も多いのではないでしょうか。

 

トレバー・ワイの教則本の原語は英語です。もちろん私が使っていたのは翻訳された日本語版でしたが、今振り返っても結構おもしろいことが書いてあります。

 

よく音色などを言葉で表すとき、日本語でも英語でも「○○な音色」という表現が使われます。トレバー・ワイの教則本にもそんな言葉が多く出てきました。特に興味深かったのは、「より暗い音色」という表現です。原文では、"darker tone"と書かれていたらしく、高校生の頃使っていた日本語版には「より暗い音色」と訳されていました。しかし、そのあとに長い訳者注がついていました。まとめると、英語で暗い音色と言うときは、うつろな音ではなく、倍音を豊かに含んだ重みのある音なのだそうです。

倍音というのは、出ている音の倍の周波数の音のことです。周波数が倍だから倍音というわけです。たとえばピアノやギターなんかで低いラの音を出すと、ラの音と一緒にふわーんときこえてくる高いミの音が倍音です。わかりにくいですね!説明がへたくそですみません。。。

ウィキペディアを調べたら、古来から合唱などできこえる倍音は、「天使の声」と呼ばれていたそうです。ロマンチック。(参考URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/倍音

以下のページに倍音についてのわかりやすい説明があります。

http://basement-times.com/post-3968/

 

"darker tone"というと、「より暗い音色」と訳して問題ないように思いますが、"darker tone"という言葉で筆者が何を意図していたか把握していないとそのまま通り過ぎてしまうところだと思います。単語自体は簡単ですが、音楽に対する深い知識がないと正確に訳せない文言だったんですね。あのころは、まさか自分が翻訳会社に就職するなんて思ってもみませんでした。思い出してみても、翻訳は私たちの生活のいろいろなところにあふれているのですね。

 

 

以上、新入社員のひとりごとでした


カテゴリー:浅く広い技術のはなし